賃貸住宅に住む場合は、近所に住んでいる人を知る機会と捉えて、近所づきあいを簡単にすませたいですね。

賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう
賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう

賃貸ではご近所づきあいは簡単に

これから住もうと思っているところが、賃貸住宅なら、近所づきあいは、簡単に考えていた方がいいと思います。これだけ、他人が何を考えているか予想のつかない時代になると、深すぎず、浅すぎずの近所づきあいが適当かなと思います。最初に、挨拶代わりに両隣1〜2軒、階があれば、真下や真上の部屋のかたでしょうか、特に、家族が多い場合や子どもが居る場合などは、挨拶していた方がいいといいます。生活音からトラブルになるケースをニュースで聞くことがありますから、一応伺いを立てておくと、その挨拶した住居の家族構成も知ることができて、前もって、生活の仕方や注意点で対策を立てることができますよね。

小さくて、安くても良いから、やはり、粗品は渡していた方が良さそうです。日持ちがして、誰でも使用できる物、食べられる物などがかんがえられます。タオルやクッキーなどでしょうか。物をもらって、いやがる人は、そうはいませんので、同じ物を対象になるところに渡しておきましょう。次回会ったときも、そのことを話題にして、挨拶してくれたり、話題になったりするかもしれません。ただ、自分のことや家族のことを話し過ぎると、個人情報が漏れてしまうので、そこは注意点です。

関連ページ

Copyright 2017 賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう All Rights Reserved.