プライベートが大事とは言え、殊、賃貸の物件に住まう際には、ご近所と友好的なお付き合いをする事がベストですね。

賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう
賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう

賃貸物件で住まう際のご近所づきあいについての経験談

自分は過去に数回、会社の転勤で賃貸の物件へ引越しをしました。その際気になったのは、引越した先でご近所の方々とどの様にお付き合いをするかという事でした。突然やって来る名も知らぬ隣人ですから、先に住まわれている方達にとっては非常にナーバスな出来事です。当事者である自分も同様の気持ちではありますが、特にきちんとした挨拶を怠ってしまうと、その先の住み心地が天と地くらいの差が出てしまうかもしれません。そこで、自分が実践した事をお話しします。

引越しの期間に猶予があれば、自分は必ず、実際に引越すより前にその物件へ行き、ご近所に挨拶周りをしました。その時、自分がお近づきの印にと持参したのは、お洗濯用の洗剤でした。奥様がお宅にいらっしゃるケースが多いので、それだけで喜んで下さって、「いつ越していらっしゃるの?」とか「越して来て困った事があったら声をかけてね!」と、おっしゃって下さる方が多く、実際、その日に手伝って下さった方もいらっしゃいました。そんな訳で、自分の洗剤コンタクトは功を奏したのです。

コミュニケーションがうまくいくと、引越した後にご近所さんが助けて下さいました。自分は魚釣りもやるので、釣りたての新鮮なお魚を捌いて持って行ったりしたことも、今思えば良いコミュニケーション手段でした。

関連ページ

Copyright 2017 賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう All Rights Reserved.