緊急事態のとき、助けてくれるのはご近所です。賃貸マンションでも、ご近所付き合いは大切です。

賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう
賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう

賃貸マンションでのご近所付き合い

昔は二世帯、三世帯で一緒に住んでいる家族が多く、家族内で助け合いながら暮らしていました。また、ご近所付き合いにも積極的で、困ったときはお互い様、という考え方が人々の中にありました。そのため、家族にも、地域にも、一体感がありました。しかし、現在は、核家族化が進み、家族との絆も希薄になり、それに伴い、ご近所との付き合いも面倒臭がる人が増えてきました。特に、賃貸マンションでは、隣にどんな人が住んでいるのかさえ知らないという状況も珍しくなくなりました。

確かに、ご近所付き合いには、悪い面もあります。関係が濃くなりすぎて、思わぬトラブルに見舞われる可能性が少なからずあるからです。それを避けるために、ご近所付き合いをしない人も多いでしょう。しかし、その一方で、何か緊急事態が起こったときに、助けてくれるのはやはりご近所の人たちです。ご近所との人たちとの間に信頼関係が築けていないと、何か問題が起こったときに、早急に対応してもらえないことがあるかもしれません。

緊急事態のとき、助けてくれるのはご近所の人たちです。困ったときはお互い様なのです。賃貸マンションであれば、せめて、両隣の部屋の住人の顔と名前を覚え、挨拶を交わし、簡単な会話をするくらいの関係は築いておきたいものです。面倒臭いと思わず、日頃から一定の距離を保ちつつ、いい関係を築いておくことが大切です。

関連ページ

Copyright 2017 賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう All Rights Reserved.