賃貸物件への引越しに伴う、近所づきあいでは、最初から、切捨てるのではなく、徐々にどのように、接するか決める。

賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう
賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう

賃貸物件への引越しの際のご近所づきあいについて

賃貸物件に引越しする際のご近所付き合いについて、多くの人が、当たり障りのない関係を築いたほうがよいとアドバイスするようですが、果たしてそれが得策なのでしょうか。確かに、ご近所の人に挨拶もせず、目も合わさないような行動を取ることは問題外で人間として、大人として、成長が足りない人と思われてしまいます。かといって、人間関係が複雑になったり、困難を持ちかけてくる人を避けるために、挨拶だけでなるべく周囲の人間に関わらないで生活しようとするのは少々残念のような気がします。なぜなら、ただのご近所さんがひょっとして、将来において、大切な友やパートナーになる可能性もありますし、自分が窮地に陥ったときの救世主になってくれるかも知れないからです。

自分の将来において、大切な人となるかもしれない人が現われる可能性を最初から、切り捨てるのは非常に勿体ないといえます。ですから、ご近所の人とも挨拶から初めて、世間話などをして、徐々に相手はどんな人なのであるかというのを感じていくことは大切だと思います。急速に親しくなりすぎて、後でとんでもない面倒な人だと発覚するなどということがあっても困るので、ご近所の人とは徐々に、少しずつ親しくなって、十分に相手の人となりを見て、深く付き合うかどうか決めるのが得策だと思います。

関連ページ

Copyright 2017 賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう All Rights Reserved.