賃貸の物件への引っ越しで、お隣や下の階や上の階に住む人へのあいさつ一つで、今後の生活がうまくいく話。

賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう
賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう

賃貸への生活でのご近所へのあいさつ

アパートなどの賃貸の物件の引っ越しをするとき、ご近所へのあいさつはこれから生活をはじめる上でとても大切です。独り身での引っ越しは、それほど重要ではないかもしれませんが、夫婦での引っ越しや子どもが一緒の時の引っ越しの場合は重要です。

ご近所へのあいさつがなぜ重要かというと、自分達の出す騒音で迷惑がかかるかもしれないという事のお詫びと、もしかしたら相手が隣の家は空いているから気にしないで大きな音等を出していた場合、引っ越しをしてきたという事を知らせる事が出来ます。また、防犯にもなります。不審な人物を共有して、泥棒を防ぐ事ができます。すごく仲良くする必要はありませんが、あいさつなどを交わしておくだけでも、万が一の時はその関係性がとても役にたちます。

そして、あいさつをするときには何か手土産等をもって行くことも大切です。何も持たないであいさつに行くことは出来ますが、あいさつだけをするよりも印象も残るし、手持ちぶさたも解消されます。何を持っていくのがいいかというと、食べ物はアレルギー等があるかもしれないので避けて、生活で消耗する洗剤やタオル等がおすすめです。職業や人にもよるかもしれませんが、引っ越しをしたらその場で長く生活をする事がほとんどなので、その場での生活がうまくいくための投資だと思えば、あいさつをする事は安いものです。

関連ページ

Copyright 2017 賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう All Rights Reserved.