賃貸アパートでは壁を挟んで向こうはお隣さんですから、最低限の人間としてのマナー挨拶はしておくべきです。

賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう
賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう

賃貸アパートでの近所付き合いの基本は挨拶

賃貸アパートの近所の方やお隣さんとは顔見知りぐらいの感じで良いと思います。昔なら奥様同士がよく立ち話をしている光景が見られたかと思いますが、最近ではあまり見ることもなく、実際隣に誰が住んでいるのかもさえ分からないのが現実です。知人宅のお隣は子供同士が同じ小学校でしかも同級生の為、仲良く立ち話などして交流はあるようですが、このような場合以外はあまり人と接っしないのが現代人の象徴ともいえます。しかし昔の人から言わせれば隣さんとは、親しくしておくべきだと言われています。自分も聞いた事があるのですが、自宅で何か不足した物をお隣さんへ行き借りてくるなど、昭和時代にはよく見られた風景だそうです。物とは食べ物とか、日用品などで貸し借りをするほど昔はお隣さんとのコミュニケーションを大切にしていたと思います。

コミュニケーションは本当に大切にしないと後々自分が困る事があるので、昔のようには出来ませんが、浅く広く付き合いが必要ではないでしょうか。賃貸アパートだからと言えども、壁1枚向こう側はお隣さんなので最低限のマナー、会った際の挨拶ぐらいはしなくてはいけないと思います。挨拶だけでもしておけば何かの時には、声がかけやすくなると思います。

関連ページ

注目情報

Copyright 2017 賃貸住宅を探すときには子供が出す音について考えましょう All Rights Reserved.